本文へ移動
ONE FOR ALL, ALL FOR ONE
 

【特設ページ】地本青年部/2020春のたたかい

東京地本青年部・2020春のたたかい 〜所定昇給額を算出基礎としないベアを求めて〜

▲781名の仲間が結集した東京地本『2019春のたたかい総決起集会』
 19春闘は、6年目となる官製春闘のもと、「所定昇給額を算出基礎としないベア」の実現に向けたたたかいとなりました。中央本部は3月15日に、①組合員基本給に「所定昇級額の6分の1」(平均1,050円)のベースアップ実施 ②グリーンスタッフ組合員の基本賃金に500円増額 ③エルダー組合員の基本賃金に500円増額の回答を受け、席上妥結しています。6年連続のベア実施をかちとったことは成果である一方、14春闘以降対立を深めてきた「格差ベア」に戻ってしまったことが大きな課題です。
 JRバス関東本部は、「6年連続の一律定額ベア」など5本柱を掲げてたたかいを構築しました。3月29日に、①定期昇給の実施 ②一律定額ベア300円 ③日給制契約社員B・臨時雇用員の日額200円加算 ④時給制契約社員B・臨時雇用員の時給20円加算 ⑤55歳以上の社員に減額された基本給に一律5,000円加算の回答を受け妥結しています。6年連続となる一律定額ベアをかちとったことは大きな成果です。
 地本青年部は、職場討議資料を活用し賃金本質論や18春闘までのたたかいと到達点を振り返りました。多くの支部・分会青年部で職場討議資料を活用した勉強会や冬レクなど集まる場にこだわって運動を展開してきました。地本青年部の19春闘最大の結集軸として系統別フットサル大会を開催し、選手のみならず応援に専念する組合員や家族の参加にもこだわり、492名の仲間が結集し19春闘に青年部から勢いをつけ牽引してきました
 101日に消費税が8%から10%に引き上げられました。賃金引き上げが消費税増税の引き上げ分に届かないなかでの増税については、私たちの生活に直結する大きな課題です。青年部が将来も安定した生活をどのように送るかを真剣に考える時期にきています。また、925日に金融庁金融審議会が発表した文書では、「老後の生活に2,000万円が必要」とした内容で自助による資産形成を求めています。地本青年部は、この間積み上げてきた「賃金は労働力の再生産費」として支払われる性質を持つことを基本的考え方として職場討論を重視し、20春闘のたたかいを展開することとします。
 地本青年部はこの間、さまざまな書籍や識者などの考え方を自身の現状に当てはめ「賃金本質論」をベースにした議論を毎年深めてきました。仮に20春闘において、「ベアゼロ回答」であった場合には消費税引き上げの影響も含め実質賃金の低下となります。消費税増税や物価の影響は「職務・職階級」に関係なく全ての人に等しくあります。19春闘と同様の回答では、この間議論してきた格差ベアによって、二重三重の格差となり会社の示す「分かりやすさ・納得性・公平性・職責に応じた処遇」の4つの視点の冒頭3点は満たされません。青年部として向こう30年も継続してJR東日本で働いていく以上、大きな賃金格差として現れ生活の大きな支障となるのは明白です。よって、この間の格差解消と誰もが公平で納得感の得られる「所定昇給額を算出基礎としないベア」の実現目指し東京地本全青年部員の総力で20春闘を最先頭で牽引していきます。
 また、会社からの不当労働行為・脱退強要により組合員数が大きく減少しています。青年部の必要性や存在意義を感じてもらうためにも青年部の運動づくりが大きな課題です。20春闘でのたたかいは、青年部運動をさらに推し進め、強化するために一歩踏み込み「実践して実感する春闘」「自らの賃金は自らが勝ち取る」ことを意識し運動をつくりだしていきます。20春闘においても前述の通り賃金本質論でもある「賃金は労働力の再生産費」として支払われる性質であるという考え方を基本に、職場討議資料を活用した職場討議の重視と青年部2大結集軸と地本春闘集会への最大結集(一人2行動)を要請します。
※地本青年部「2020春のたたかい」職場討議資料については年明け早々の発行を予定しています。

地本青年部 20春闘情報

労働組合が格差ベアを要求!20春闘も官製春闘か!

(2019-12-28・242KB)
注目賃金・手当

第44回全支部・全分会青年部長会議 開催!

(2019-12-13・549KB)
注目チェック

2019春のたたかい関係資料集

2019春のたたかい職場討議資料

職場討議資料_19春闘(2452KB) 重要

大変お待たせしました!!2019春のたたかいの職場討議資料が完成しました。例年であれば1月発行となっていましたが、諸情勢もあり発行が遅れていました。
今年は14春闘からのたたかいを振り返り、19春闘をどのようにたたかい抜くのかを賃金本質論から学べるように凝縮しています。過去発行の職場討議資料と合わせて職場での活用をおねがいします!

地本・系統を超えた横のつながりで今後のたたかいに決起しよう!

(2019-03-20・749KB)
チェック

2019賃金引き上げ妥結!

(2019-03-15・553KB)
重要

生活に直結する賃金が最も大切だ!

(2019-03-13・850KB)
チェック

多くの仲間が結集したフットサル大会!

(2019-03-10・845KB)
チェック

地本青年部「フットサル大会2019」を開催!! 492名が結集!

(2019-03-06・686KB)
注目

地本青年部「フットサル大会2019」組み合わせ決定!!

(2019-03-04・309KB)
チェック

そもそも実質賃金や生産性ってなんだ?

(2019-02-20・669KB)
チェック

賃上げの春がやってくる!

(2019-02-19・722KB)
チェック

春闘勝利に向けて意思統一を行う!

(2019-02-13・552KB)
チェック

そもそも春闘ってなんだろう?

(2019-02-03・599KB)
チェック

2019春のたたかい始動!

(2019-02-03・510KB)
チェック

▲492名の仲間が結集した 東京地本青年部『春闘フットサル大会2019』
JR東労組 東京地本
TOPへ戻る