本文へ移動
総勢200名の仲間が結集し、大いに盛り上がった第1回FB杯サッカー大会 [2019,6,25]
昭和採からのバトンを受け取り平成採体制のスタートを切った『東京地本 第36回定期大会』 [2019,6,23]
492名の仲間が結集した 東京地本青年部『春闘フットサル大会2019』 [2019,3,6]
781名の仲間が結集した 東京地本『2019春のたたかい総決起集会』 [2019,3,1]
213名の仲間が結集した『第1回 営業・工務・検修職場合同カローリング・綱引き大会』 [2019,2,9]
東京地本『2019年頭講演会』 [2019,1,12]
478名の選手・応援が一体感をつくり出した『2019 第8回 運車分会対抗ニューイヤー駅伝』 [2019,1,7]
478名の選手・応援が一体感をつくり出した『2019 第8回 運車分会対抗ニューイヤー駅伝』表彰式 [2019,1,7]
451名の仲間が結集した 東京地本『2018秋のたたかい総決起集会』 [2018,11,20]
ONE FOR ALL, ALL FOR ONE
 

更新履歴

第6回運車分会対抗ニューイヤー駅伝

第1回FB杯サッカー大会 2019

東京地本 第36回定期大会

シニア会主催バーベキューレク

2019かんり部会・支社支部合同大レク

青年部 春闘フットサル大会2019

2019春のたたかい総決起集会

ライフサイクル第12陣激励会

第1回営業・工務・検修合同 カローリング・綱引き大会

2019 第8回運車分会対抗ニューイヤー駅伝

第26回 2017 東京旅のプレゼント

第25回記念 東京旅のプレゼント2016

第24回 2015東京旅のプレゼント

2014 第23回東京旅のプレゼント

第45回只見ふるさと雪まつり

サマーキャンプ2017

2017春のたたかい総決起集会

地本青年部「第7回駅対抗フットサル大会」

不当労働行為に抗し、全12地本・全組合員の権利と利益を守るために、組合民主主義に基づく健全な組織運営を!

労働委員会は労働者の救済機関!なぜ有効活用しないのか!

不当労働行為が体質化したJR東日本会社を
健全な企業へ戻す道

 現在、JR東日本では、組合員への「脱退強要」「利益誘導・差別」「パワハラ」等の悪辣な不当労働行為を繰り返すことが常態化しており、不当労働行為が経営の体質と化しています。この不当労働行為により、東労組組合員が実害を被っており、会社へは「直ちに不当労働行為をやめ、謝罪すること」を求め、団体交渉を繰り返してきました。しかし、職場では、現在においても不当労働行為が蔓延しています。私たちは、不当労働行為へ抗するたたかいとして、職場からたたかい地本・支社間の団体交渉を経てきましたが、未だ解決へは結びつきません。私たちが、本部大会・中央委員会の場、中央本部へも「第三者機関を活用したたたかい」を提言するも否決・不採用されています今一度、この間のたたかいを振り返り、なぜ私たちの求める第三者機関=労働委員会を活用しないのか、分析したものを職場討議資料として発行します。全組合員での職場討論をお願いします。
職場討議資料(3/25発)

第37回臨時大会と第45回定期中央委員会の内容的理解を深めるために

職場討議資料(2/27発)
『法適合組合』として組合員の権利と利益を守る
『組合民主主義』に基づく健全な組織運営

 第37回臨時大会による規約・諸規則の改正により、労働組合法に抵触する問題=法適合組合でなくなる問題が生じています。東労組全体の過半数以上の組合員が在籍する東京・水戸・八王子の3地本は、これらの問題解決をめざす「組合員の声」を「組合民主主義」に基づき、中央本部へ要求・要請を繰り返してきました。さらに、第45回定期中央委員会においては、組合員の利益を守り負託に応えるために「組合民主主義」に基づく中央本部の真摯な対応を求め「4つの修正動議」「制裁審査委員会設置及び申請について」を提出しました。これらの内容的理解を深めるために、この職場討議資料を活用してください。
 さらに『第37回臨時大会に関する抗議、および緊急措置要求』に対する中央本部からの回答を前に、大宮地本から『12地本の総団結で「東労組の存亡」をかけた再加入のたたかいを中央本部と共にたたかい抜く大宮地本見解』が発出されました。東京地本はこの内容を真摯に受け止め、隣接地本であることから組合員相互の理解と信頼の醸成に結びつく筋道であると考え、『公開討論』の申し入れを行いました。しかし、大宮地本からは『受ける事に値しない』との回答がされました。公開討論に真摯に応じないのであれば、見解は撤回すべきです。

第37回臨時大会における規約・諸規則改正の問題点は何か!

全ての組合員に直結する"深刻な問題"が生じています

 第37回臨時大会での規約・諸規則の改正により、全ての組合員の権利と利益が著しく低下し、損なわれています。東京・八王子・水戸の3地本は、全12地本の全組合員の権利と利益を守るため、中央本部へ『第37回臨時大会に関する抗議、および緊急措置要求』『JR東労組中央本部に対する要請書』等を取り組んできました。しかし、全組合員の権利・利益は著しく低下・損なわれた状態が続いていることから『第37回臨時大会で改正した規約・諸規則の是正を求める3地本見解』を発出し、その内実を全組合員へ明らかにしてきました。
 以上のことから、全ての組合員が内容を深め、討議できるように職場討議資料『第37回臨時大会における規約・諸規則改正の問題点は何か!』を作成しました。
職場討議資料(2/6発)

不当労働行為根絶=不当労働行為に抗するたたかい

組合員のみなさんへ!

(129KB)
重要

全組合員に訴える、集会アピール!

(219KB)
重要

全組合員に訴えます!

(146KB)
重要

18春闘・地本「闘争委員会FAX速報」(まとめ)

シリーズ:不当労働行為摘発

(6433KB)
重要

シリーズ:脱退撤回・正当性

(2767KB)
重要

シリーズ:告発・HPへの声

(3603KB)
重要

シリーズ:プライバシー侵害!監視カメラ

(793KB)
重要

JR東労組 東京地本
TOPへ戻る