本文へ移動
492名の仲間が結集した 東京地本青年部『春闘フットサル大会2019』 [2019,3,6]
781名の仲間が結集した 東京地本『2019春のたたかい総決起集会』 [2019,3,1]
213名の仲間が結集した『第1回 営業・工務・検修職場合同カローリング・綱引き大会』 [2019,2,9]
東京地本『2019年頭講演会』 [2019,1,12]
478名の選手・応援が一体感をつくり出した『2019 第8回 運車分会対抗ニューイヤー駅伝』 [2019,1,7]
478名の選手・応援が一体感をつくり出した『2019 第8回 運車分会対抗ニューイヤー駅伝』表彰式 [2019,1,7]
451名の仲間が結集した 東京地本『2018秋のたたかい総決起集会』 [2018,11,20]
ONE FOR ALL, ALL FOR ONE
 

更新履歴

第6回運車分会対抗ニューイヤー駅伝

青年部 春闘フットサル大会2019

2019春のたたかい総決起集会

ライフサイクル第12陣激励会

第1回営業・工務・検修合同 カローリング・綱引き大会

2019 第8回運車分会対抗ニューイヤー駅伝

第26回 2017 東京旅のプレゼント

第25回記念 東京旅のプレゼント2016

第24回 2015東京旅のプレゼント

2014 第23回東京旅のプレゼント

第45回只見ふるさと雪まつり

サマーキャンプ2017

2017春のたたかい総決起集会

地本青年部「第7回駅対抗フットサル大会」

19春闘妥結にあたり

19春闘妥結にあたり(2019-03-19・172KB)

19春闘を総括し、生活の維持・向上分のベアをかち取るために、
全職場から議論を巻き起こそう!

2019春のたたかい 職場討議資料

消費税10%への引き上げを目の前にした
19春闘に全力をあげよう!

 19春闘の要求内容が第45回定期中央委員会において決定しました。私たちは18春闘の到達点を確認した上で ①近年のベアは物価の動向を反映したものであること ②人事・賃金制度との整合性の観点からベアにまで格差をつけるべきではないこと ③可処分所得から見えてくるのは実質賃金の低下であること ④消費税10%を前にした所得の低下に拍車がかかること から、3年連続の「所定昇給額を算出基礎にしない」ベアの実現をめざします
 職場においては、2012年の人事・賃金制度の改正や、14春闘から18春闘までのたたかいを振り返り、全組合員で19春闘への意思統一が必要不可欠です。全組合員が19春闘に力を結集し、生活の維持・向上の賃金引き上げをめざし、たたかい抜くため、この職場討議資料を活用した職場討論をお願いいたします。
職場討議資料(3/1発)

青年部 2019春のたたかい 職場討議資料

青年部 2019春のたたかい
賃金本質論を学び 労働者の権利や利益を知り
19春闘をたたかい抜こう!

 「賃金とは何か」「労働力とは何か」「ベアとは何か」といった賃金本質論、私たちを取り巻く社会情勢の分析やこれまでの春闘の振り返り、労働者の社会的地位や権利を学ぶことは非常に大切です。
 東京地本は、19春闘において『3年連続の「所定昇給額を算出基礎としない」ベアの実現』をめざします。東労組の旗の下に団結し、一人一人が春闘に参加することの意義と意味を知り、全青年部員・全組合員で19春闘をたたかい抜こう!

第37回臨時大会と第45回定期中央委員会の内容的理解を深めるために

職場討議資料(2/27発)
『法適合組合』として組合員の権利と利益を守る
『組合民主主義』に基づく健全な組織運営

 第37回臨時大会による規約・諸規則の改正により、労働組合法に抵触する問題=法適合組合でなくなる問題が生じています。東労組全体の過半数以上の組合員が在籍する東京・水戸・八王子の3地本は、これらの問題解決をめざす「組合員の声」を「組合民主主義」に基づき、中央本部へ要求・要請を繰り返してきました。さらに、第45回定期中央委員会においては、組合員の利益を守り負託に応えるために「組合民主主義」に基づく中央本部の真摯な対応を求め「4つの修正動議」「制裁審査委員会設置及び申請について」を提出しました。これらの内容的理解を深めるために、この職場討議資料を活用してください。
 さらに『第37回臨時大会に関する抗議、および緊急措置要求』に対する中央本部からの回答を前に、大宮地本から『12地本の総団結で「東労組の存亡」をかけた再加入のたたかいを中央本部と共にたたかい抜く大宮地本見解』が発出されました。東京地本はこの内容を真摯に受け止め、隣接地本であることから組合員相互の理解と信頼の醸成に結びつく筋道であると考え、『公開討論』の申し入れを行いました。しかし、大宮地本からは『受ける事に値しない』との回答がされました。公開討論に真摯に応じないのであれば、見解は撤回すべきです。

第37回臨時大会における規約・諸規則改正の問題点は何か!

全ての組合員に直結する"深刻な問題"が生じています

 第37回臨時大会での規約・諸規則の改正により、全ての組合員の権利と利益が著しく低下し、損なわれています。東京・八王子・水戸の3地本は、全12地本の全組合員の権利と利益を守るため、中央本部へ『第37回臨時大会に関する抗議、および緊急措置要求』『JR東労組中央本部に対する要請書』等を取り組んできました。しかし、全組合員の権利・利益は著しく低下・損なわれた状態が続いていることから『第37回臨時大会で改正した規約・諸規則の是正を求める3地本見解』を発出し、その内実を全組合員へ明らかにしてきました。
 以上のことから、全ての組合員が内容を深め、討議できるように職場討議資料『第37回臨時大会における規約・諸規則改正の問題点は何か!』を作成しました。
職場討議資料(2/6発)

不当労働行為根絶=不当労働行為に抗するたたかい

組合員のみなさんへ!

(129KB)
重要

全組合員に訴える、集会アピール!

(219KB)
重要

全組合員に訴えます!

(146KB)
重要

18春闘・地本「闘争委員会FAX速報」(まとめ)

TOPへ戻る